危険物取扱者の甲種・乙種・丙種の違いは?

2017/04/28 16:39
危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3つがあります。 この3つの資格の違いは何でしょうか? それぞれの資格で取り扱える範囲を確認してみましょう。 甲種 全ての危険物を取り扱える 乙種 指定された類を取り扱える 丙種 指定された危険物を取り扱える それぞれ取り扱える危険物の範囲が違うことがわかります。 甲種はすべての危険物が取り扱えます。 ですが当然ながら資格を取ろうと思うとかなり難易度が高いですね。 乙種は指定された類を取り扱えます。..

続きを読む

動植物油類について

2017/04/22 13:12
動植物油類とは? 動物の脂、植物の果肉など動植物から抽出されたもので引火点が250℃以下。 動植物油類の特徴 水に溶けない 水より軽い 自然発火することがある

続きを読む

第4石油類について

2017/04/20 12:35
第4石油類とは? 引火点200℃以上250℃未満の石油類。 特徴 粘り気がある 引火点が高い 水に溶けない 第4石油類のもの ギヤー油 シリンダー油 など

続きを読む

第3石油類について

2017/04/19 13:55
第3石油類とは? 重油やクレオソート、引火点が70℃以上200℃未満の石油類 特徴 色・褐色、暗褐色 引火点約60℃~150℃、発火点約250℃~380℃ 第3石油類のもの 重油 クレオソート油 アニリン ニトロベンゼン エチレングリコール グリセリン

続きを読む

危険物の運送

2014/12/23 12:23
運搬の仕事について調べてみた。 灯油や軽油やガソリンや重油等の運送には、危険物の資格だけではなく運送する車の免許(普通車、中型、大型など)を持っている必要がある。 ローリーだったら牽引の免許がいる。 運転だけなら乙四じゃなくて丙種でも良いらしい。ただ危険物の運搬で運転だけするというのは考えづらい。大体危険物を扱う作業を伴うことが多い。 つまり、普通免許で乗れる大きさの自動車の場合は丙種+自動車普通免許でいける。 しかし、現実的には仕事で需要があるのは乙四持ってる..

続きを読む

危険物乙四取ってすぐに仕事についた場合の保安講習

2013/03/17 10:10
危険物免許の保安講習について 乙四取ったらその内、保安講習を受けなければならないわけですが、状況によって受けなければならない期限が変わってくるのでまとめてみました。 ケース1 危険物取扱作業についていて、これからも作業する人 前回、保安講習を受講した日以降最初の4月1日から3年以内に受ける ケース2 新たに従事する、または再び従事することとなった場合 従事することになった日から1年以内 ケース3 新たに従事する者で過去2年以内に免状交付ま..

続きを読む

乙種第4類危険物取扱者の試験で解らない問題の時に答えを選ぶ自分の方法

2012/10/21 08:04
危険物の試験に限らず、試験では答えが解らない問題が少なからず出てくることがあるかと思います。 こんな時、自分が答えを選ぶ方法を書こうかと思います。 まあ、ごく一般的な方法ですが・・・・。 一応、前提として危険物試験の勉強はしているものとします。 さすがに、無勉強、無知識だと答えを選ぶのは難しくほぼ勘と運に頼ることになってしまうので・・・。 まず、以前も書きましたが、危険物試験での解答形式は5択です。 5つの解答の中から、正しい答えを選ぶという方法です。 ..

続きを読む

危険物の指定数量の倍数を計算してみる

2012/07/21 05:52
危険物の指定数量の倍数を計算してみようと思います。 指定数量は、危険物によって量が違います。 消防法で危険物を指定数量以上貯蔵したり取り扱う場合、消防法上で決められた場所以外はダメなんですね。 指定数量の何倍であるか計算しなければならない場合があります。 何倍って書くと複雑に感じますが、指定数量以内=1倍以内ってことですね。 つまり1倍より多いと指定数量以上という事です。 4倍や8倍だと、もちろん指定数量以上ですし、1.4倍とかでももちろん指定数量以上です。 ..

続きを読む

保安講習

2012/07/11 09:41
危険物取扱作業に従事している場合、3年に1回保安講習を受けなければならない。 ・つまり、危険物を取り扱う仕事についていたら保安講習を3年に1回受けなきゃいけないいんだけど、危険物を取り扱う作業をしてない人は受けなくてもいいんですね。 まあ、受けなくていいけど受けたい人は受けることも可能ですが。 ・でも、新たに作業に従事するようになったら、保安講習受けてない人は、従事するようになった日から1年以内に受けなきゃいけない。 ・新たに従事するんだけど2年以内に保安講習受けたこ..

続きを読む

危険物乙四の免状

2012/02/16 02:06
乙四の免状は自動車の免許証ぐらいのサイズなので気軽に持ち歩けるので良いですね。 やはり、現場で頻繁に使われている資格なのでこのサイズでないと不便なのかもしれません。 免状の右側の黒塗り部分に顔写真が入っています。 左側の種類欄をみると解るように甲種、乙種、丙種とすべてコレ一枚ですむようになっています。 こうなると、乙四だけだと空欄があいてるのがさみしくなって他の類も取りたくなってきます。

続きを読む

危険物試験の問題にかかわる豆知識

2011/12/23 17:25
危険物取扱者の試験ではよく数量に関する問題がでてきますが、せっかく覚えたのにちょっとしたミスをしてしまう事もあります。 100リットルって100リットル以上?未満? 100リットル以上は100リットルは含まれます。 そして100リットル未満なら100リットルは含まれません。 せっかく数量を覚えても、ちょっとした勘違いでまちがえてしまう可能性があるのできをつけましょう。

続きを読む

危険物を取り扱う仕事

2011/11/23 07:40
危険物の資格が役に立つのは、工場などで危険物を扱っている企業、倉庫に保管している企業などありますが、なんといっても一番有名で需要が高いのはガソリンスタンドでしょう。 ガソリンスタンドで働く店員さんは、危険物の資格を全員が持っているわけではありません。 しかし、ガソリンスタンドを営業するには、必ず1人以上、危険物の乙四、もしくは甲種を持っていないと営業できません。 実は、ガソリンを入れる作業は、資格者なしに行えません。 そういうと 「でも、セルフのガソリンスタンドでは..

続きを読む