乙種第4類危険物取扱者の試験で解らない問題の時に答えを選ぶ自分の方法

2012/10/21 08:04
危険物の試験に限らず、試験では答えが解らない問題が少なからず出てくることがあるかと思います。 こんな時、自分が答えを選ぶ方法を書こうかと思います。 まあ、ごく一般的な方法ですが・・・・。 一応、前提として危険物試験の勉強はしているものとします。 さすがに、無勉強、無知識だと答えを選ぶのは難しくほぼ勘と運に頼ることになってしまうので・・・。 まず、以前も書きましたが、危険物試験での解答形式は5択です。 5つの解答の中から、正しい答えを選ぶという方法です。 ..

続きを読む

乙4試験の形式から合格を考えてみる

2012/04/08 20:44
今回は、乙四の勉強ではなく試験形式から合格基準を考えてみたいと思います。 乙四の合格率は、33~40%ぐらいのようです。 つまり10人に3,4人が受かる。 6、7人は受からないということになる。 しかし、以前記事にした通り受験者は様々である。 受験資格の規制がないので、だれでも受けれるし、勉強ほとんどせず受ける人、仕事先で受けるように言われたがあまり勉強時間がなかった人、学校でうけるように言われたので受けにきた人などさまざまなタイプの人がいると思われます。 乙四は..

続きを読む

乙種第4類の資格を試験方法から考えてみる

2012/01/20 18:31
今回は乙四資格の試験方法を見て思ったことと実際に受けて感じた事を書いていこうかと思います。 まず試験方法についてみてみます。 5者択一で、試験時間は120分 内容は、 危険物に関する法令:15問 基礎的な物理及び基礎的な化学:10問 危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法:10問 試験時間は2時間 となっています。 合格基準は試験科目ごとの成績が、それぞれ60%以上となっています。 つまり、危険物に関する法令9問、基礎的な物理..

続きを読む

危険物試験の問題にかかわる豆知識

2011/12/23 17:25
危険物取扱者の試験ではよく数量に関する問題がでてきますが、せっかく覚えたのにちょっとしたミスをしてしまう事もあります。 100リットルって100リットル以上?未満? 100リットル以上は100リットルは含まれます。 そして100リットル未満なら100リットルは含まれません。 せっかく数量を覚えても、ちょっとした勘違いでまちがえてしまう可能性があるのできをつけましょう。

続きを読む

指定数量を覚えてみる

2011/11/08 04:40
前回の記事で、語呂合わせで種類を覚える方法を書きました。 でも、正直種類は覚えても指定数量がなかなか覚えずらい。 そこで、もう一度指定数量を確認してみた。 特殊引火物 50リットル 第1石油類 非水溶性液体 200リットル 水溶性液体 400リットル アルコール類 400リットル 第2石油類 非水溶性液体 1000リットル 水溶性液体 2000リットル 第3石油類 非水溶性液体 2000リットル 水溶性液体 4000リットル 第4石油類 6000リットル ..

続きを読む

乙四試験の申し込み方法

2011/08/01 18:00
乙種第4類危険物取扱者の試験は、受験する為の条件は特になく誰でも受験できます。 試験は、都道府県知事から委託を受けた各都道府県の消防試験研究センター支部が行っています。 年間2回から6回ぐらいは試験がおこなわれていますが、各都道府県によって回数、日にちが異なります。 乙四に限っては、東京では毎週試験がおこなわれているようです。 申し込みには、書面申請と電子申請があります。 どちらかの方法で申し込みます。 書面申請の場合に必要なもの 受験願書 甲種危険物..

続きを読む

もっと見る