第1石油類

2017/04/15 03:06
第1石油類について 引火点が21℃未満の引火性液体です。 ガソリン、ベンゼン、トルエンなど。   ガソリンについて 代表的なガソリンですが特徴としては、無色で臭いがします。 ガソリンと言うと身近では自動車用のガソリンが思いつきますが自動車用のガソリンはオレンジ色に着色されています。 ガソリンの引火点 -40℃ 発火点 約300℃ 沸点 約40℃~220℃ 揮発しやすい・静電気がたまりやすい

続きを読む

特殊引火物について

2017/04/12 17:26
特殊引火物は、発火点や引火点が低いため危険度が高いことが特徴です。 発火点は100℃以下、引火点が-20℃以下で沸点が40℃以下のものとなります。 特殊引火物の例 ジエチルエーテル アセルアルデヒド 酸化プロペリン 二硫化炭素

続きを読む

第四類の危険物にはどんな種類があるの?

2017/04/11 11:14
第四類の危険物にはどんな種類があるの? 乙四は第四類の危険物を取り扱うための資格ですが、第四類で扱える危険物の種類を確認してみましょう。 第四類危険物は、引火性液体なのですがその中で7種類に分けられます。 第四類危険物 特殊引火物 第1石油類 アルコール類 第2石油類 第3石油類 第4石油類 動植物油類 になります。 もちろん第四類はすべて引火性液体なのですが引火性液体てそもそも何でし..

続きを読む

もっと見る