危険物取扱者の甲種・乙種・丙種の違いは?

2017/04/28 16:39
危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3つがあります。 この3つの資格の違いは何でしょうか? それぞれの資格で取り扱える範囲を確認してみましょう。 甲種 全ての危険物を取り扱える 乙種 指定された類を取り扱える 丙種 指定された危険物を取り扱える それぞれ取り扱える危険物の範囲が違うことがわかります。 甲種はすべての危険物が取り扱えます。 ですが当然ながら資格を取ろうと思うとかなり難易度が高いですね。 乙種は指定された類を取り扱えます。..

続きを読む

動植物油類について

2017/04/22 13:12
動植物油類とは? 動物の脂、植物の果肉など動植物から抽出されたもので引火点が250℃以下。 動植物油類の特徴 水に溶けない 水より軽い 自然発火することがある

続きを読む

第4石油類について

2017/04/20 12:35
第4石油類とは? 引火点200℃以上250℃未満の石油類。 特徴 粘り気がある 引火点が高い 水に溶けない 第4石油類のもの ギヤー油 シリンダー油 など

続きを読む

第3石油類について

2017/04/19 13:55
第3石油類とは? 重油やクレオソート、引火点が70℃以上200℃未満の石油類 特徴 色・褐色、暗褐色 引火点約60℃~150℃、発火点約250℃~380℃ 第3石油類のもの 重油 クレオソート油 アニリン ニトロベンゼン エチレングリコール グリセリン

続きを読む

危険物の運送

2014/12/23 12:23
運搬の仕事について調べてみた。 灯油や軽油やガソリンや重油等の運送には、危険物の資格だけではなく運送する車の免許(普通車、中型、大型など)を持っている必要がある。 ローリーだったら牽引の免許がいる。 運転だけなら乙四じゃなくて丙種でも良いらしい。ただ危険物の運搬で運転だけするというのは考えづらい。大体危険物を扱う作業を伴うことが多い。 つまり、普通免許で乗れる大きさの自動車の場合は丙種+自動車普通免許でいける。 しかし、現実的には仕事で需要があるのは乙四持ってる..

続きを読む

危険物乙四取ってすぐに仕事についた場合の保安講習

2013/03/17 10:10
危険物免許の保安講習について 乙四取ったらその内、保安講習を受けなければならないわけですが、状況によって受けなければならない期限が変わってくるのでまとめてみました。 ケース1 危険物取扱作業についていて、これからも作業する人 前回、保安講習を受講した日以降最初の4月1日から3年以内に受ける ケース2 新たに従事する、または再び従事することとなった場合 従事することになった日から1年以内 ケース3 新たに従事する者で過去2年以内に免状交付ま..

続きを読む

もっと見る