危険物取扱者の甲種・乙種・丙種の違いは?

2017/04/28 16:39
危険物取扱者には甲種、乙種、丙種の3つがあります。 この3つの資格の違いは何でしょうか? それぞれの資格で取り扱える範囲を確認してみましょう。 甲種 全ての危険物を取り扱える 乙種 指定された類を取り扱える 丙種 指定された危険物を取り扱える それぞれ取り扱える危険物の範囲が違うことがわかります。 甲種はすべての危険物が取り扱えます。 ですが当然ながら資格を取ろうと思うとかなり難易度が高いですね。 乙種は指定された類を取り扱えます。..

続きを読む

動植物油類について

2017/04/22 13:12
動植物油類とは? 動物の脂、植物の果肉など動植物から抽出されたもので引火点が250℃以下。 動植物油類の特徴 水に溶けない 水より軽い 自然発火することがある

続きを読む

第4石油類について

2017/04/20 12:35
第4石油類とは? 引火点200℃以上250℃未満の石油類。 特徴 粘り気がある 引火点が高い 水に溶けない 第4石油類のもの ギヤー油 シリンダー油 など

続きを読む

第3石油類について

2017/04/19 13:55
第3石油類とは? 重油やクレオソート、引火点が70℃以上200℃未満の石油類 特徴 色・褐色、暗褐色 引火点約60℃~150℃、発火点約250℃~380℃ 第3石油類のもの 重油 クレオソート油 アニリン ニトロベンゼン エチレングリコール グリセリン

続きを読む

アルコール類について

2017/04/16 09:27
アルコール類とは 第4類ではアルコール類は炭素の原子が1~3個までの飽和1価アルコールのことです。 どんなものがあるの? メチルアルコール、エチルアルコール、イソプロピルアルコール、n-プロピルアルコールなど。 特徴は? 無色透明です。水、有機溶剤に溶けやすい。 引火点は20℃(常温)より低く、沸点は100℃より低い。

続きを読む

第1石油類

2017/04/15 03:06
第1石油類について 引火点が21℃未満の引火性液体です。 ガソリン、ベンゼン、トルエンなど。   ガソリンについて 代表的なガソリンですが特徴としては、無色で臭いがします。 ガソリンと言うと身近では自動車用のガソリンが思いつきますが自動車用のガソリンはオレンジ色に着色されています。 ガソリンの引火点 -40℃ 発火点 約300℃ 沸点 約40℃~220℃ 揮発しやすい・静電気がたまりやすい

続きを読む

もっと見る