特殊引火物について

特殊引火物は、発火点や引火点が低いため危険度が高いことが特徴です。

発火点は100℃以下、引火点が-20℃以下で沸点が40℃以下のものとなります。

特殊引火物の例

  • ジエチルエーテル
  • アセルアルデヒド
  • 酸化プロペリン
  • 二硫化炭素


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告