危険物の指定数量の倍数を計算してみる

危険物の指定数量の倍数を計算してみようと思います。


指定数量は、危険物によって量が違います。


消防法で危険物を指定数量以上貯蔵したり取り扱う場合、消防法上で決められた場所以外はダメなんですね。



指定数量の何倍であるか計算しなければならない場合があります。


何倍って書くと複雑に感じますが、指定数量以内=1倍以内ってことですね。


つまり1倍より多いと指定数量以上という事です。


4倍や8倍だと、もちろん指定数量以上ですし、1.4倍とかでももちろん指定数量以上です。



この指定数量の倍数の計算は、危険物が1種類であれば簡単なので良いのですが、複数の危険物の場合に難しくなります。



例としてまずガソリン1種類のみで考えてみます。


まず、ガソリンの指定数量です。


ガソリンの指定数量は200リットルです。


つまり、計算するまでもなく、600リットル貯蔵するとしたら、200リットル以上なので、指定数量を超えているわけです。



あえて、倍数の計算をするとしたら、


600リットル(貯蔵量)÷200リットル(ガソリンの指定数量)=3(倍)


となり、ガソリン600リットルは指定数量の3倍なので、指定数量以上ということがわかります。



わざわざ計算しましたが、1種類なんで計算するまでもないのですが、今度は複数の危険物の場合の例を考えてみましょう。


複数の危険物の場合、何が面倒くさいかというと危険物によって指定数量が違うということです。



例えば、ガソリンは指定数量200リットルですが、軽油は1000リットル、重油は2000リットルといったように数量が違います。



この3種類の危険物を貯蔵するとします。


ガソリンを100リットル、軽油を600リットル、重油を1000リットルを貯蔵する場合、指定数量の倍数の計算をしてみます。



まず、ガソリンから


100リットル(貯蔵量)÷200リットル(ガソリンの指定数量)=0.5



次に、軽油


600リットル(貯蔵量)÷1000リットル(軽油の指定数量)=0.6



最後に、重油


1000リットル(貯蔵量)÷2000リットル(重油の指定数量)=0.5



これで、各危険物の指定数量の倍数の計算ができましたが、ここからすべてを足していきます。


気を付けておきたい事は、1種類ずつの計算を見ると、ガソリンが0.5倍、軽油が0.6倍、重油が0.5倍となっているから1倍より少ないから指定数量以下と勘違いしてしまう部分です。実は、1種類ずつが指定数量以下であっても、一緒に貯蔵する場合、計算結果の倍数を足して計算しなければなりません。



計算してみます。


0.5+0.6+0.5=1.6



つまり、全部の危険物の指定数量の倍数は1.6(倍)となります。


指定数量の1.6倍ですので、指定数量以上ということです。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告