種類別の指定数量を覚える

第4類危険物の指定数量を覚えましょう。


指定数量の少ない順に並べてみました。


ちなみに指定数量が少ないほど危険性は高いものになります。



特殊引火物 50リットル


第1石油類 非水溶性液体 200リットル 水溶性液体 400リットル


アルコール類 400リットル


第2石油類 非水溶性液体 1000リットル 水溶性液体 2000リットル


第3石油類 非水溶性液体 2000リットル 水溶性液体 4000リットル


第4石油類 6000リットル


動植物油類 10000リットル




7つの項目ですが、第1、第2、第3に関しては非水溶性液体、水溶性液体があるので2項目覚えなきゃいけないですね。


つまり、覚えるのは、全部で10個の指定数量。


注目したいのは、第1、第2、第3、第4に関しては、第1から第4にかけて指定数量は多くなっている点です。


自分なりに無理やりごろ合わせで順番を考えてみました。



得意げに歩こう、兄さん指導。


得(特殊引火物)意(第1)げに歩こう(アルコール類)、兄(第2石油類)さん(第3石油類)指(第4石油類)導(動植物油類)。



とりあえず、指定数量の少ない方から、多い指定数量の危険物の順番がわかります。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

広告