危険物を取り扱う仕事

危険物の資格が役に立つのは、工場などで危険物を扱っている企業、倉庫に保管している企業などありますが、なんといっても一番有名で需要が高いのはガソリンスタンドでしょう。 ガソリンスタンドで働く店員さんは、危険物の資格を全員が持っているわけではありません。 しかし、ガソリンスタンドを営業するには、必ず1人以上、危険物の乙四、もしくは甲種を持っていないと営業できません。 実は、ガソリンを入れる作業…

続きを読む

指定数量を覚えてみる

前回の記事で、語呂合わせで種類を覚える方法を書きました。 でも、正直種類は覚えても指定数量がなかなか覚えずらい。 そこで、もう一度指定数量を確認してみた。 特殊引火物 50リットル 第1石油類 非水溶性液体 200リットル 水溶性液体 400リットル アルコール類 400リットル 第2石油類 非水溶性液体 1000リットル 水溶性液体 2000リットル 第3石油類 非水溶性液体…

続きを読む

種類別の指定数量を覚える

第4類危険物の指定数量を覚えましょう。 指定数量の少ない順に並べてみました。 ちなみに指定数量が少ないほど危険性は高いものになります。 特殊引火物 50リットル 第1石油類 非水溶性液体 200リットル 水溶性液体 400リットル アルコール類 400リットル 第2石油類 非水溶性液体 1000リットル 水溶性液体 2000リットル 第3石油類 非水溶性液体 2000リットル …

続きを読む

広告